top of page
検索

★キレイな腸内環境をつくる食べ方とは?★


本日は、腸内環境を良くするために知っておきたい食べ方についてお伝えします。


結論から言うと、腸内環境を良くするには「善玉菌を増やす食品」と「善玉菌のエサになる食品」を一緒に食べることが大事になります。


腸内細菌は「善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%」のバランスが重要と言われていますが、現代人の食生活は、肉や魚介類など悪玉菌を増やしがちです。


ですので日頃から、善玉菌を増やすような、食べ方を心がけてみましょう。


善玉菌を増やす食品は、納豆やキムチなどの発酵食品。


善玉菌のエサになる食品は、バナナやごぼう、玉ねぎなど食物繊維とオリゴ糖を同時に摂取できる食品です。


この2つを同時に食べることで腸内の善玉菌を増やすことができます。


腸内環境は、健康だけでなく美容にも影響大ですので、ぜひこの食べ方を意識してみてくださいね。




bottom of page